HAYOMU研究室
当ブログは、完全に個人の発想です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- [--:--:--]
気 #28
あくまで、可能性についての記述です。

いじめと思春期
・過去幾度となく、「いじめ」と「思春期」、「反抗期」に
ついて見解を述べた
・中学校、高校時代に引っ越したりした場合が、多く見受けられる
・精神疾患は幻想と言う前提
・これは、動物的本能で余所者扱い、テリトリーに敵が来た扱い
・思春期と反抗期が被ったときのことを思い出す
・自室持ちの子は、部屋にカギを掛けなかったか?
・それぐらいテリトリー意識が強いといえる
・もし、部屋にノックもせずに、ずかずかと親に入られたら?
・意味なくキレ始めるよね?
・そのテリトリー意識は、どこから生まれるのか
・ロボットごっこ、人形遊びまで遡る
・想像力をフルに活用して、イメージで戦いや、おママごとをする
(それの発展形からのルール付けが、TRPGと思われる)
・それを出鱈目に制止を掛ける周囲の人
・帰宅時間、食事時間、睡眠時間、縛られっぱなし
・その状態が「思春期」「反抗期」まで進む
・その縛りから解放されようとするから、自室にカギをつける
・テリトリーから出ると、学校言う、教室と言う集団のテリトリーとなる
・そこに余所者が着たらどうなるか
・揚げ足や、身体の見分(いわゆるセクハラ的いじめ)、暴力による
思考の服従などを繰り返す
・セクハラ的いじめは、自室にカギをつけれない状況において、
卑猥な行為などを相手に投射してると思われる
・異性化願望の引き金になる可能性もある
・話を合わさないと、テリトリーに参加できないということもある
・卑猥な行為だけは、人としての共通の話題
・それを嫌がる人もいる、十人十色
・いじめ問題がない学校は、転校生が居ない可能性が高い、
逆に多かったりする

対策としては
・テリトリー概念を再教育、性教育重視の道徳が必要
スポンサーサイト
2018-06-08 [19:49:38] コメント:0
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。