HAYOMU研究室
当ブログは、完全に個人の発想です。
気 #25
あくまで、可能性についての記述です。

催眠と耳
・脳の反応的に、
右耳で聞いたものは、左脳で反応して「真実」として聞こえる
左耳で聞いたものは、右脳で反応して「嘘」として聞こえる
・「真実」は、「嘘を見破れない」と言うことになる
・「嘘」は、「真実を見破れない」と言うことになる
・「真実」は、見栄、「嘘」は、本心  (流 #36)
・機械的に言えば、右耳は「1」、左耳は「0」で、
他の四感が量子コンピュータのような「1と0」で判断している
・左耳は聞こえないとなると、「嘘を見破れない、真実であると確信してしまう」
懐疑心が100あるとすれば、1まで下がる
・右耳が聞こえないとなると、「嘘を見破れる、真実であると確信がない」
懐疑心が100あるとすれば、99になる
・両方を聴けるから、暗示や洗脳が通じる
・わかりやすく言えば、右耳が聞こえない人には、下手な謳い文句は通じない
能の反応的に無意識に見破る
・催眠は、両耳が生きて0.8~1.2秒ほどの「真実と嘘」の波を作れば、
確実に掛けることは可能 (その人の基本的鼓動に合わせれば)
・片耳の人は、その波形を整流波に変えるため、ほぼ暗示は効かない
・自己暗示ですら懐疑心を抱く

・ほかの感覚も同様で、その感覚を軸に真実か嘘かを見抜いてる
生物的本能の一部、判定は他の感覚
・洗脳は少し勝手が違う
・五感のうち三感さえ、支配すれば、催眠よりも効果的に動く
(扇動とも少し違う)
スポンサーサイト
2018-06-03 [02:03:34] コメント:0
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する