HAYOMU研究室
当ブログは、完全に個人の発想です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- [--:--:--]
気 #22
あくまで、可能性についての記述です。

ご神木と神社
・良い木の多い=良い気の集まる場所
・悪い木の多い=悪い気の集まる場所

・その基準は、パワースポットとして崇められていた
神社に人が来ない、来なくなったこと
・木は、日のある内は、二酸化炭素で呼吸をする
・二酸化炭素の許容量が肥大化してる状態からの少食
・簡単に、人でいえば、バリバリ仕事をこなしてる人が、
急な引退宣告で仕事がゼロになってボケるようなもの
・悪い木になる原因はそこであり、ご利益の効果がなくなった
感覚もそこにある
・ご神木は、長きにわたりその役目は、人との接触が
少ないまま許容が肥大せずにこれたから、聖域として成り立つ
・年老いた木でも、頑張り過ぎてスカスカになることもある
(倒木)
・人工林、もとい、不自然林では、人が育てた気だからたかが
知れてる許容量
・野生の樹木でないと、許容量の変化に応変できない
・不自然林のところも、昔の町中の神社は朽ちやすい
スポンサーサイト
2018-05-13 [10:03:09] コメント:0
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。