HAYOMU研究室
当ブログは、完全に個人の発想です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- [--:--:--]
気 #15
あくまで、可能性についての記述です。

仕事と消耗
・気力を100とすれば、対人か対物かで2を掛ける
・最初の「人」は、自分自身
・そこに、仕事の件数を割れば、疲労の度合いが数字で表せる
・大量生産では、加工件数が一人当たり50とすれば、4となる
・伝統工芸品などでは、加工件数が5とすると、40となる
・これは何を意味するかと言えば、生きたモノづくりをしてるか否か
・数値が高い分、全身全霊で作り上げてることになる
・いわゆる、本気度、ガチ度
・20以上を出せるなら、かなりいいライン

ひろう1


仕事と性格
・製造を消耗品ばかり相手にしてると、気力の減り度合いが分からない
・いつの間にかグッタリするまで、作業をしている
・毎日の加工件数変動と、販売業のような妙な疲労感
・リボリングのように同件数が続けば、心に余裕が出て計算ができる
・大量生産ではそうはいかない
・いつの間にか、消耗品を作ってる自分が消耗品扱いをされているという
・機械的思考と、言動になってくる
スポンサーサイト
2018-05-07 [19:14:09] コメント:0
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。