HAYOMU研究室
当ブログは、完全に個人の発想です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- [--:--:--]
五行 #32
私の他ブログの転載です。

#仕様表・材料表 04

60cmサイズの木型に機器を取り付ける場合 改善点
・モータは、現在のサーボ半分もしくは、磁気ディスクのステッピングモーターを使う
・CPUボードは、なるべく小型なもの
・ステッピングモーターにする場合は、もっと小型なCPUボード
・燃えない工夫をする場合は、サーボの回路を使いBMFを使う
・木型の大きさを、3cm大きくすれば、組み込み方がまた変わる
・木型の大きさの改善は、最大10cmまで拡大
・機器と同化させるなら、100cmでいける
・当初の目的がメダロットのティンペットからなので、装甲をつける想定
・実質の木型身長は、85~90cmだと思われます
・男型90cm 女型85cm 四足型60cm
・オプション用のボードを入れなければならないので、かなり肉詰めになる
・排熱のことも考え、アルミを内貼りするかも?
・漏電の危険性があるので、しないかも?
・重さも、なるべく木だけの重さにしたい
・装甲ありで、子供でも抱えれる重さ
・骨組2~3kg 装甲1~2kg
・素材は、基本的に木材、重さの改善ができない箇所はアルミ
・既存の機器を包むプラと、カメラガード、センサーガード以外のプラの使用はなし
・小型PCを埋め込みたいので、ラズベリーパイぐらいの大きさのボードを使う予定
・それか、私考案のコンピュータか・・・。
・やってみる価値はあるが、材料のなさに狼狽えるか?
・可能な限り、サイズ、重さ、性能を、メダロットに近づける

新規で、このサイズのものを作り直すことを検討。
60cmも、150cmも未完成ですが・・・。
イメージサンプルとしては、出来はいいと思っています。
スポンサーサイト
2018-04-15 [20:35:58] コメント:0
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。