HAYOMU研究室
当ブログは、完全に個人の発想です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- [--:--:--]
気 #1
あくまで、可能性についての記述です。

物流のバブル時代と、作りすぎない未来
・ネットでいろいろ買う上で、迷惑・・もとい、最も良い
仕事をしてるのは、物流
・次に製造、それらを支えるのは、油屋
・作りすぎは良くないが、程よいほど安定してると
思われる
・作って流すことだけがいけない
・再利用などが、同じような力で引っ張ってあげないと
真の安定はない
・ゴミの日とは別に・・、一般企業の資源回収とは別に・・、
行政が無料で、資源を「再利用」目的で回収する方が良い
・海外の違法回収業者などから資源を守る意味も含め
・日本のモノの資源は、絶滅危惧種と同等、乱獲されては困る
・一番良い方法だと思えるのは、戦前に日本がやっていたことを
すればよいのです
・「金属類回収令」、今は、プラ製品もありだ
・半強制的な方が良い、横暴で構わない
・レトロ品や、本当に大事なものは回収しないという優しさも必要
・今は、寄付の代わりに、使える不用品を専門の委託業者に
渡す方法がある
・その2つのやり方を合体させればよい
・中国では、ごみの山から、プラパッケージなどをかき集めて、
お金に変える
・いつかは日本もそうなる可能性は低いがある
・資源に肖り過ぎたので、休息期間が10年は必要
スポンサーサイト
2018-04-07 [22:10:13] コメント:0
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。