HAYOMU研究室
当ブログは、完全に個人の発想です。
流 #47
あくまで、可能性についての記述です。

「親の安心」
・ここの親とは、血の分けた方と、会社組織のお頭
・きわめて束縛のある言葉
・本当の意味を知らない、無理解な親が口にするものではない
・親の安心と言うことは、娘、息子を束縛するに等しい
・その程度の束縛なのか・・と言えば、その親の経験分だけ
・つまり、親が経験していないことは、一切、安心できない
・娘、息子の時間や主張、自主性、夢、意志、あらゆることを
無視して、親が勝手に安心する
・それがフラストレーションの根源
・親の身勝手な進路に、無理やり進まされてる
・それがいかに進路妨害で、人権に関わってることも
知らない親が多い
・「親の安心は、子の不幸せ」
・「親の不安は、不適格」
・「親の不幸は、子の成長」
・進路妨害も、大概にした方が良い
・放任主義のほうが良い
・「親の安心」は、結局、過干渉であり、人格否定の言葉になりやすく、
親子関係に亀裂を生む
・「親の安心」=「親の歩んだ道」=「親の型にハマれ」=「自主性を削ぐ」
スポンサーサイト
2018-04-02 [17:04:21] コメント:0
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する